実は逃げ道もあるんです!~激務回避法教えます~

結婚することで激務の緩和になる

必死に働けるのは独身のうちであるということはよく言われていますが、看護師は結婚によって激務を緩和していることもよくあるようです。
ずっと厳しい条件で働き続けてきたものの、結婚してからは楽に働けるようになったと言う人も多いようです。通常は、結婚生活を始めると家庭の仕事が増えてしまって看護師として働きづらくなることでしょう。しかし、結婚相手をよく選び、協力を求めた上で仕事をしているのがこのようなケースの特徴のようです。
看護師として働くことに理解を示してもらい、その実情に納得してもらった上で激務を緩和するための協力をしてもらえれば結婚生活はプラスになります。結婚相手に家事を一通り行ってもらうようにすると、一人で生活していたときよりも家事の負担はむしろ減らせることでしょう。
また、料理もしてもらえると、食生活の偏りが解消されて体力的にも精神力的にも充実してきます。一方、ストレスを解消するときにも一人きりで寂しく行うよりも二人で行った方が効果的です。
このような協力をしてもらえる結婚生活を送ることによって、時間的にも余裕が生まれて気力的にも仕事に集中しやすくなります。仕事も捗るようになって、無駄がなくなり、激務と感じていた仕事がそれほど負担に感じられなくなっていくこともあるのです。必ずしも独身のうちの方が働けるというわけではなく、結婚しても結婚相手の協力のあり方次第でより働けるようになる可能性があるといえるでしょう。