実は逃げ道もあるんです!~激務回避法教えます~

一人で働く職場と激務の関係

看護師が最初に就職する先として選ぶ場合が多いのが規模の大きな施設であり、大病院で働くのを第一選択にする人も少なくないようです。
しかし、大病院で働くのは、激務になるというのは業界内ではよく知られていることのようです。大病院では、仕事のシステム化も進んでいて効率的に仕事ができるようになっていますが、それを駆使してさらに多くの仕事をこなしていくのを求められる場合が多いようです。
このような病院の実情を知っている人は多いものの、逆に一人で働くような職場でどのような状況があるかを知っている人はあまり多くありません。そもそも一人で働ける職場は少ないのが事実ですが、それを選ぶ場合には二極化していることを覚えておくといいでしょう。
介護施設では看護師が一人ということも多いようですが、人材がそれほど必要ない安定している利用者だけの場合もあれば、単純に人材不足の場合もあるようです。前者のときにはゆっくりと働けるのに対し、後者の場合には激務の程度が著しくなるようです。一方、極めて小規模なクリニックの場合には、現場に一人だけしか看護師がいないこともよくあるようです。この場合にも患者の多さ次第ですが、大抵の場合には二人以上必要ない程度の患者数だから一人にしているため、あまり仕事に忙殺されることはないようです。
訪問看護も基本的には一人になります。現場では、機敏に仕事をすることもゆっくりと仕事をすることも必要になり、訪問する家庭の事情に合わせなければならないのが実情です。このような二極化が起こっているため、一人で働く職場を探すときには、入念に吟味する必要があります。